福田交易特集ページ

 

ラビリンスシール 事例

⽯油化学プラント ポンプのラビリンスシール化

「機械⻑寿命化」、「省エネ化」、「定期修繕費縮⼩」、「スチームクエンチングからベアリングを保護」

オイルシールの短い寿命

ポンプや減速機など、回転機械に広く使われているオイルシールは、JIS(⽇本⼯業規格 JIS B2402)やISO(国際標準化機構規格 ISO6194)で規格化され、安価で⼊⼿性が良く、世界中の様々な機械で使われています。

⼀⽅で、オイルシールは回転軸にリップが押し当てられて摩耗し、いずれ漏れが発⽣するため、定期交換が必要になります。
また、リップが接触する回転軸も摩耗させられるため、オイルシールの交換だけでなく、機械を分解して軸を修正する必要もあります。

この一連のメンテナンスにかかる“⼈件費”・“修繕費”・“設備停⽌損失”は、とても無視できるものではありません。

さらに、オイルシールは機械にとってトルク損失であり、軸径 80㎜ 3,000min-1の運転状態では、オイルシール1つで約 180W の電⼒損失を発⽣させていることもあります。

オイルシールをインプロシール化

  • インプロシール VBXX-D デザイン(カットモデル)

    国内⼤⼿⽯油化学会社 A社は、設備のメンテナンスフリー化と故障防⽌のため、数年かけて場内数⼗か所のポンプのオイルシールを、インプロシールへ切り替えました。

    インプロシールは、機械疲労や軸の摩耗がないため、シールの定期交換やメンテナンスが不要です。

    さらにそのシール性は IP56 相当と、粉塵侵⼊を防ぎ、強烈な噴流⽔が直撃しても⾼いシール性を保ちます。

    また、スチームクエンチングがメカニカルシールから漏れてきてもベアリングを保護し続けます。

  • この切り替えにより、定期的に現場へ出向き⾏っていたシール状況確認や、潤滑油の⽔分測定、また繰り返し⾏われる部品交換、軸整備などはなくなりました。

  • オイルシールからラビリンスシール化

    潤滑漏れやメカニカルシールからの蒸気直撃の被害も最⼩化し、ベアリングを保護するだけではなく、機械全体の延命化信頼性向上、また、⽣産効率向上にもつながりました。

⼤きなコストメリット

◆ オイルシール定期交換、漏えい、蒸気浸⼊トラブル最⼩化

◆ 軸摩耗ゼロとなり機械分解、軸溶射、⾁盛り研磨、再組⽴ゼロ

◆ オイルシール部のトルク損失による電気代ゼロ

◆ 突発の機械故障最⼩化…


と ⼤きなメリットとなります。


モデルコストダウン総額 ¥1,964,275

  • *上記表の定期整備を毎年実施していたと仮定した場合の、インプロシール化により圧縮できる年間改善⾦額モデルです。

ラビリンスシールをご検討される場合は、こちらの商品詳細ページもご参考ください。

《このページのQRコード》

スマートフォン用サイトはこちら。

この商品に対するお問い合わせ

福田交易株式会社 特機部 シール技術課

03-5565-6824