商品情報

PPE

ピー・ピー・イー (イギリス)

DETECTASEAL® 混入検出対応エラストマー「ディテクタシール」

2mm≦異物片を金属探知機やX線検査装置で検知でき、また磁力にも反応するエラストマーです。

食品や衣料品などは異物混入が大きな問題となります。安全性確立のため異物検知は重要です。

用途

・食品製造プロセス機械
・医薬品製造機械
・バイオメディカル機器

DETECTASEAL®とは

DETCTASEAL®は、異物混入した場合、エラストマー材料でも金属探知機・X線検知器で検知できるように開発されてきました。
DETECTASEAL®シリーズには、FDA準拠のEPDM、NBR、FKM、シリコンも含まれ、青色・黒色でご提供可能で、様々な先進的な医薬品メーカや食品メーカの工場で実証されてきた製品です。
食品や衣料品などは異物混入が大きな問題となります。安全性確立のため異物検知は重要です。
DETECTASEAL®の破片は2mmからX線検知器や金属探知機で検出可能で、磁気分別機でも分別可能です。

なぜ、DETECTASEAL®か

  • ゴムの混入は過度の摩耗や不適切な組込み、またはその他の要素で発生します。ひとたび、ゴムの異物混入が発生し、それを検知できなかった場合、製品の自主回収や設備のダウンタイム、製品廃棄により膨大なコストが発生します。また、異物侵入は企業のイメージを大きく棄損させる問題です。

    DETECTASEAL®を使用することで、異物混入時に検知可能となり、さらにメンテナンスコストも低減させることができます。
    FDA、CFR21.177.2600、USP Class VI準拠

デザインから素材の選定まで

食品・ライフサイエンス業界で40年以上の経験をもつPPE社は、最も過酷でチェレンジングなアプリケーションで発揮できる多くの知識と経験を持っています。
DETECTASEAL®はOリングだけではなく、Xリング、ガスケット、ダイヤフラム、ワッシャー、食品用ネジ、無菌カップリング用ガスケットなど、多くの特殊品でご提案出来ます。

仕様

材質   硬度(IRHD) 温度範囲 FDA USP
XV7H FKM 74 -10 ~ 200℃
XV7A 70 -20 ~ 200℃  
XN7H ニトリル 70 -40 ~ 120℃
XN7A 70 -40 ~ 120℃  
XE7H EPDM 75 -40 ~ 150℃
XE7A 70 -40 ~ 150℃  
XS7H シリコン 濃灰 75 -60 ~ 200℃

《このページのQRコード》

スマートフォン用サイトはこちら。

この商品に対するお問い合わせ

福田交易株式会社 特機部 シール技術課

03-5565-6824