商品情報

ベアリング技術サポート

技術情報

1.試験の概要

ベアリング: FAG 7009 シリーズ
回 転 数: 15000min-1
潤   滑: グリース潤滑
予   圧: 組み込み時軽予圧(定位置予圧)

■許容回転数比較

型  番 単列での許容回転数(min-1) 組み合わせでの許容回転数(min-1)
HSS7009E 20000 14400
HSS7009C 24000 17280
HCS7009E 24000 17280
HCB7009E 20000 14400
XCS7009E 30000 21600

FAGシール付き(シールを取り外すと。。。)

 

仕様比較

  brand type preload ball grease
for pair dia. material pcs. name NLGI quantity
1 FAG HSS7009E.T.P4S.UL 71 5.556 steel 25 Arcamol-L75 3 35%
2 FAG HCS7009E.T.P4S.UL 49 5.556 ceramic 25 Arcamol-L75 3 35%
3 FAG HCB7009E.2RSD.T.P4S.UL 90 9.525 ceramic 16 Arcamol-L75 3 35%
4 FAG XCS7009E.T.P4S.UL 49 5.556 ceramic 25 Arcamol-L75 3 35%
5 FAG HSS7009C.T.P4S.UL 44 5.556 steel 25 Arcamol-L75 3 35%

慣らし運転

設定回転数n(rpm) 手 順 繰返し回数 運転時間 停止時間 慣らし運転時間合計
200~500min-1 1 1 5分 1分 6分
0.5*max 2 5 20秒 2分 11分40秒
0.75*max 3 5 20秒 2分 11分40秒
max 4 5 20秒 2分 136分40秒
5 10 30秒 2分
6 50 1分 1分
7 連続運転

2.各ベアリングの運転比較

温度上昇

テスト
No.
型  番 前側ベアリングの温度(℃)
慣らし運転時s 連続運転時
最大 安定 開始時 Δt 状況 最大 安定 開始時 Δt 状況
1 HSS7009E.T.P4S.UL - 1 47 45 18 22 No.6で安定 58 - 18 20~30 *1
2 HSS7009E.T.P4S.UL - 2 59 58 15 35 No.6で安定 60 - 38 - 運転中止
10 HSS7009E.T.P4S.UL-3       20 No.6で安定 70 -   - 運転中止
3 HCS7009E.T.P4S.UL 39 37 20 10 No.6で安定 39 39 16 13~14 *2
5 HCB7009E.2RSD.T.P4S.UL 36 36~37 17 13~14 No.6で安定 42 41~42 18 16~17 安定
8 XCS7009E.T.P4S.UL 40 38~39 24 13~14 No.6で安定 38 37~38 28 13~14 安定
9 HSS7009C.T.P4S.UL 60 40 23 17 安定       17 安定
*開始時の温度は、ベアリング前側の温度

慣らし時の温度傾向

【FAG HCB7009E.T.P4S.UL慣らし運転】



【FAG HCB7009E.T.P4S.UL連続運転】


【FAG HSS7009C.T.P4S.UL慣らし運転】


【FAG XCS7009E.T.P4S.UL慣らし運転】


3.アンデロンメータ比較



型  番 test No.   アンデロン(テスト前) アンデロン(テスト後)
Low Mid High Low Mid High
    規格 32 20 24 32 20 24
FAG HSS7009E.T.P4S.UL
 球径 φ5.556
 球数 25個
test1 1A 7 5 12 6 10 23
1B 5 5 13 6 8 24
1C 7 5 16 5 7 18
1D 10 6 16 8 10 17
test2 2A 8 7 17 10 6 19
2B 7 7 13 6 6 24
2C 8 6 16 5 6 19
2D 8 6 15 6 6 18
FAG HCS7009E.T.P4S.UL
 球径 φ5.556
 球数 25個
test3 1A 10 6 13 6 8 24
1B 10 5 13 6 5 24
1C 11 7 11 5 6 16
1D 7 6 12 5 5 16
FAG HCB7009E.2RSD.T.P4S.UL
 球径 φ9.525
 球数 16個
test5 1A 15 11 11 8 6 14
1B 19 14 12 11 8 13
1C 16 11 16 11 5 14
1D 13 11 12 11 7 13
XCS7009E.T.P4S.UL
 球径 φ5.556
 球数 25個
test8 1A 7 4 9 6 4 10
1B 8 4 10 3 3 10
1C 10 4 7 5 3 11
1D 8 4 9 5 5 11

4.試験からわかったこと

■接触角度(C角とE角)

テスト
No.
型  番 許容回転数(DB) 慣らし運転 連続運転 備  考
    (min-1) Δt 状況 Δt 状況  
1 HSS7009E.T.P4S.UL - 1 14400 22 No.6で安定 20~30 *1 3回テストしていずれも温度高い。
安定せず。
  
2 HSS7009E.T.P4S.UL - 2 14400 35 No.6で安定 - 運転中止
3 HSS7009E.T.P4S.UL 14400 20 安定 - 運転中止
4 HSS7009C.T.P4S.UL 17280 17~18 安定 17~18 安定 客先で1000台以上実績あり

・定位置予圧(DB,DF組み合わせ)において、カタログ通りC角の方がスピード能力は高い。
・E角のメリットは、ビルトインスピンドルのバネ予圧かQBCの組み合わせで現れる。
・ビルトインスピンドルの場合、E角バネ予圧を推奨する。

【E角定位置予圧の推奨例】



定位置予圧と定圧予圧
例:HSK-A63高速ミーリングSP(グリース潤滑)
  定圧予圧: XCS71914E.T.P4S.UL(<< ̄>>):20000min-1
楽々で長寿命、信頼性高い
  定位置予圧: 同じ内径レベルで、20000min-1がやっと。
短寿命、信頼性低い

■クロニドールの優位性

・慣らし運転時の温度上昇が低い     
・アンデロンの初期値が低い
・慣らし運転後のアンデロンの数値が低い → 摩耗が少ない