商品情報

ベアリング技術サポート

ベアリング設計技術サポート

      潤滑

■潤滑方法と特長

軸受を潤滑する目的は4つに大別される。
 1. レース面、転動体そして保持器の間で生じる滑り摩擦を最小にする。
 2. 精密に研磨され、仕上げられた表面を錆から守る。
 3. 発生した熱を拡散する。
 4. 油膜を形成させて、軸受の疲労寿命を延長させる。

〈 各潤滑方法の特長比較 〉
潤滑方法
長所
短所
グリース潤滑
低コスト
容易に温度上昇を低くすることができる
メンテナンスフリー
軸受に封入したグリースが劣化すると軸受の損傷につながる
ごみや切削液の侵入に弱い
オイルミスト潤滑
新しい油が常に軸受に送られるため、油の劣化寿命の心配がない
ごみや切削液が侵入しにくい
ミストに雰囲気汚染
油の粘度、温度などにより給油量がばらつくため、少油量給油に限界がある(但し、インジェクションタイプは除く)
油が供給されているかどうかの確認が必要
ジェット潤滑
油量が多いため、ごみや切削液が侵入しにくく、焼き付きにくい
油の冷却により、軸受部の温度をある程度コントロールできる
摩擦損失が大きい
油が漏れるため立形スピンドルに使用しにくい
コストが高くなる
オイルエア潤滑
定量管理が可能なため、最適油量にコントロールできる
発熱が小さいうえに、空気の冷却効果があり温度上昇が低い
新しい油が常に軸受に送られるため、油の劣化寿命の心配がない
ごみや切削液が侵入しにくい
ミストによる雰囲気汚染が少ない
コストが若干高い
配管が複雑
分配器のエア抜き等のメンテナンスが必要

■グリース潤滑

グリースの構成成分

■FAGの主なグリース

名称 増ちょう剤 基油の粘度
mm2/S@40℃
ちょう度 使用温度範囲 使用目安
dmn
用途
アルカノールL71 リチウムソープ 74 3 -30 ~ +140 60万 振動運動中低速用
L74V リチウムソープ 23 2 -40 ~ +100 160万 高速スピンドル
L78 リチウムソープ 74 2 -30 ~ +130 60万 中低速用
L79 合成基油 390 2 -30 ~ +270 停止~低速 耐熱用
L135V リチウムソープ 85 2 -40 ~ +150 10万 テーブル用ボールねじサポート用
L75 ポリウレア 22 3 -50 ~ +120 200万 超高速

■FAGシール付きアンギュラベアリング


・非接触シールにより、ベアリングの摩擦係数はシールなしとほとんど変わらない。
・アルカノールL75グリース封入(封入量は、空間容積の約35%)
・グリース寿命を長寿命化

■グリース潤滑でのスピンドル温度上昇

軸経
φmm
ベアリング
配列
ベアリングタイプ max
スピード
min-1
dmn値
n・dm 10^6
室温+t℃ グリース 予圧方法
前側 後側
70 QBC 2-B7014C 2-B7011C 7000 0.63 17 L74V 定位置予圧
90 TBT+□ 3-B7018E 1-NN3016 5000 0.575 25~28 L74V 定位置予圧
90 TBT+□ 3-B7018E 1-NN3016 5000 0.575 12~16 L74V 定位置予圧
130 TBT+□ 3-B71926E 1-N1022K 5000 0.775 23(B719)
12(N10)
L74V 定位置予圧
60 QBC 2-HS7012C 2-HS71911E 16000 1.24 8 L74V バネ予圧
70 QBC 2-HS7014C 2-HS7011C 7000 0.63 8 L74V 定位置予圧
70 QBC 2-HS7014C 2-HS7011C 10000 0.9 17 L74V 定位置予圧
100 QBC 2-HS7020E 2-HS7018E 8000 1.0 13 L74V 定位置予圧
100 QBC 2-HS7020E 2-HS7018E 8500 1.062 17 L74V 定位置予圧
130 DB 1-HS71926C 1-HS71924C 9000 1.395 22~23 L74V バネ予圧
110 QBC 2-HS71922E 2-HS71920E 8000 1.04 20 L74V 定位置予圧
20 QBC 2-HCB7004C 2-HCB7004C 51000 1.581 26 L214 バネ予圧
100 QBC 2-HC7020E 2-HC7018E 11000 1.375 f:14℃
r:19℃
L74V 定位置予圧
70 DB 1-HC7014E 1-HC7011E 16300 1.467 18 L74V バネ予圧
70 QBC 2-XCS71914E 2-XCS71911E 20000 1.70 17 L75 バネ予圧
70 DB 2-HCS7014E 2-HCS7012E 15000 1.35 15 L75 バネ予圧

■グリース潤滑 スピンドル例

FAGスピンドル軸受昇温テスト
 1. B71912E・TPA・P4・UL 標準スピンドル軸受
 2. HS71912E・T・P4・UL 高速スピンドル軸受
 3. HC71912E・T・P4・UL セラミックボール軸受
  グリース潤滑:ISOFLEX SUPER LDS18. 1CC/軸受




■オイルミスト潤滑 スピンドル運転例








■オイルエアスピンドル使用例
FAG B71913C TPA P4 UL FAG B71914C TPA P4 UL
油の粘度 VG32 [mm2/s]
ノズル径 Φ1 [mm]
ノズル数 1(ベアリング1枚当たり)
P.C.D 前側80.25mm、後側73.5mm
潤滑油量 0.03 [cc/shot](ベアリング1枚当たり)
サイクルタイム 6分
圧力 1~1.5 [bar]

■オイル潤滑時の主な注意事項
配管を急激に曲げたり、複雑な配管は必要最小限度にする。
配管材料は清潔で、内面の滑らかなものを使用する。できれば、透明のものを使用した方が良い。
供給エアはエアドライヤで除湿されたエアを推奨。
スピンドル運転前、油が軸受に供給されているか確認するため、ドレンから油が排出されているか確認する。
エア抜きを確実に行う。