商品情報

ベアリング技術サポート

ベアリングトラブルシュート事例紹介

ベアリングトラブルシュート 実例 (5)
症状 ホーニングラインが残っている内輪転送面(継続使用可能な症状)
写真
原因

・運転時間は、約2000時間。正常な運転状況下では、ホーニングラインが残っている。
・継続使用可能。

  外輪転送面の症状


外輪転送面の症状

内輪転送面同様にホーニングラインが残っており、継続使用は可能。