商品情報

ベアリング技術サポート

ベアリングトラブルシュート事例紹介

ベアリングトラブルシュート 実例 (7)
症状

外輪転送面に発生した局部的なフレーキング

写真
局部的なスポーリングが更なるフレーキングを引き起こしている。
180°反転させた位置での外輪転送面
(フレーキングはみられない)
原因

・ラジアル剛性不足(予圧不足)

  内輪転送面の症状
  ボールの症状


内輪転送面の症状

転送痕は、予圧抜け方向にシフトしている。また、外輪のフレーキングから発生した金属粉による圧痕があり、摩耗が進行している。



ボールの症状

表面は全体的に軽微な摩耗を伴い、局部的なピッチングが発生している。