商品情報

モーター・モーション技術サポート

モータ・モーション Q&A

SycoTecモータの特長は?
小型化による高い固有振動数が確保され、回転系システムの高速化が可能となります。
また、偏平率(ロータ内径/ステータ外径)が大きくシステム全体の小型化や回転系システムの高剛性化を実現できます。
SycoTecモータは発熱しやすいのでは?
他社モータと同等サイズを条件に比較すれば、高いモータ効率により損失が非常に小さくなることで発熱が低くなります。同等出力を条件に比較すれば、モータサイズが小型化されることで熱輻射率が低下しますが、ステータ巻線仕様、ロータ内部設計仕様およびエアギャップのコントロールで損失を小さくし、モータの発熱低減が可能となります。
ただし、冷却能力の適切な設定には注意が必要です。
ロータで回転バランスをとってよいでしょうか?
基本的にはできません。ロータの構成部材であるケイ素鋼板上またはサーキットリング(アルミまたは銅)上でバランス取りをすると、モータ性能を損なう恐れがあるためです。
軸にバランスリングを取付け、回転バランスをとることが要求されます。
モータの絶縁性はどうですか?
ステータのスロット内部の巻線コイル部およびコイルエンド部には、絶縁用樹脂が高密度で充填されており、高い絶縁性を保っています。このためコイルエンド部とその周辺部品との最短距離は1.5mmを可能としています。
カタログ内モータ出力P2とPmaxの相違は何ですか?
P2は連続定格出力、Pmaxは最大瞬時出力となります。
ただし、カタログ記載モータ出力値は磁性体の軸を使用し、水冷却の適用が条件となります。
高速回転の高周波軸電圧を除去したいのですが、アースできる製品はありますか?
イージスSGRが軸電圧を除去します。