用途

  • オルビタル穴あけ装置

特長

  • 80,000min-1スピンドルを搭載し高速穴あけ加工を実現します。
  • 最大加工穴径はΦ14mm
  • マシニングセンター主軸へアタッチメント装着可能 (FKDオルビタルアダプター) およびロボット先端へ搭載可能(FKDオルビタルユニット)→小型・軽量化を実現します。
  • 各種ツールインターフェース HSK, BT/ISO, CAPTO に対応。
  • CFRP板穴あけ加工時にバリやラミ剥がれが発生しません。
  • 穴あけ加工時のアキシアル荷重が従来の1/10でロボットの低剛性特性を補完。
  • ドリルツール寿命の延命化を実現します。
  • 小型高速主軸による高速穴あけ加工により、一穴当たりの加工時間を短縮し、生産効率を向上します。

加工事例

CFRP板穴加工事例
CFRP板穴加工事例
アルミハニカム板穴加工事例
アルミハニカム板穴加工事例

カタログ

当カタログのPDFファイルはご用意しておりません。
お手数ですが、本社または各営業拠点までお問い合せください。

この商品に
関するお問い合わせ

用途や機能などの諸条件に適した商品をご提案することも可能です。お気軽にお問い合わせください。
お近くの営業所でもうけたまわっております。

福田交易株式会社 本社営業部

03-5565-6811