企業情報

会社案内

福田交易本社ビル
遠心力と向心力。

一つのことに意識を集中させる。
同時に常に外へも注意を向ける。
人生にもビジネスにも遊びにも、偏りのないバランス感覚が必要。
貿易・技術・開発の3方向から、商社機能を極める福田交易です。

会社の特長を一言で表すなら『技術系専門商社』

創業以来、さまざまな機械に使用される高性能・高精度の機械要素部品を幅広く取り扱う機械系専門商社として、さまざまな分野に数多くの製品を納入しています。
日本国内では真似のできない高度な技術を備えたユニークな商品を、ただ単に製品を輸入し販売するだけではなく、それぞれの商品の高度な専門知識を持った技術系エンジニアを育成し、仕様打ち合わせや商品の選定など、きめ細かな技術サービスを提供しています。また、技術サービスだけにとどまらず、海外で開発された最新技術を導入した商品をいち早く国内に紹介し、日本の技術革新に貢献しています。
海外メーカーとのより高度な打ち合わせをする語学力を養うため、海外研修制度や取り扱いメーカーでの技術研修などを通じ、技術系エンジニアのより高度な商品知識の習得に努めています。

当社の組織


福田交易の組織の図

営業部

・ ルートセールス
・ 新規開拓
・ ニーズ調査

技術部

・技術サービス全般
・新商品開発
・海外研修
・講習会・セミナーの開催

精機事業所

・スピンドル製作・修理全般
・ベアリング検査
・間座加工・部品加工

管理部

・海外サプライヤーへの発注
・商品管理全般
・商品の発送


営業部門

営業部門東京本社に加え大阪・名古屋・広島・厚木・金沢・九州に営業所を開設し、地元に密着したサービスを提供しています。既存ユーザーへのルートセールスを軸に、新規開拓や新規分野への参入をおこない、いまやその範囲は当社主要ユーザーの工作機械業界にとどまりません。

自動車、半導体・液晶、エネルギー、重工業、製紙、製鉄、製罐、建築、食品、医療など、幅広い業種の設備機械や製品に多種多様な製品を納入しています。顧客のニーズを探り、リードして最新技術の提案を行うといった、ただ注文を待つだけの営業ではなく顧客に満足していただける営業を心がけています。

また、国内では真似ができないユニークな製品を数多く取り扱っている関係上、どのユーザーに対しても商品の品質のみならず、納期・技術サービス面でもご満足いただけるよう気配りを惜しまず励んでいます。

 

●主要取引先

アイシン・エィ・ダブリュ(株)
(株)アマダ
(株)IHI
いすゞ自動車(株)
(株)荏原製作所
オークマ(株)
大阪機工(株)
(株)岡本工作機械製作所
(株)オリエンタルランド
川崎重工業(株)
キヤノン(株)
(株)クボタ
(株)神戸製鋼所
(株)小松製作所
コマツNTC(株)
シチズンマシナリーミヤノ(株)
新日本工機(株)
(株)ジェイテクト
JAXA

JFEスチール(株)
(株)SUBARU
住友重機械工業(株)
(株)太陽工機
(株)ツガミ
津田駒工業(株)
(株)デンソー
DMG森精機(株)
THK(株)
東芝機械(株)
トーヨーエイテック(株)
トヨタ自動車(株)
(株)ナガセインテグレックス
(株)ニコン
日産自動車(株)
パナソニック(株)
(株)日立製作所
ファナック(株)
富士機械製造(株)

(株)不二越
(株)ブリヂストン
(株)ホーコス
本田技研工業(株)
(株)牧野フライス製作所
マツダ(株)
ミクロン精密(株)
三井精機工業(株)
三菱自動車工業(株)
三菱重工業(株)
三菱電機(株)
三菱マテリアル(株)
安田工業(株)
ヤマザキマザック(株)
ヤンマー(株)
碌々産業(株)
ユニオンツール(株)
(株)和井田製作所

他多数

ページ内リンクメニューへ

技術部門

当社の技術サービス部門は、技術部・スピンドル技術部・特機部の3部門より構成されています。取扱商品が多種多様にわたるため、各部門が担当商品を持ち、それぞれの専門知識をより深く習得し技術サービスに反映させています。特に注力をしている高精度精密部品は、それぞれの担当のみならず、関連商品を含め多角的な提案を実践しています。

たとえば、工作機械関係で使用される商品は、主軸用高速高精度ベアリングをはじめとし、高速回転用ハイスペックグリース、ベアリングを保護するシール、先端工具を保持するためのクランピングシステム、テーブル用スリーローラベアリングや高精度スライドを構築するための油静圧ユニット、高速回転用の高周波モータや制御用インバーター、工具の摩耗を測定するレーザ測定器など、最先端の技術を取り入れた関連部品をご提供しています。一商品にとどまらずトータル的に技術サービスをおこなえることが当社技術部門の最大の強みです。また、アフターサービスのために厚木精機事業所を有し、修理サービスや改造などの要求に対応しています。

 

●ベアリング検査器/マイクロスコープ
ベアリング用測定器/マイクロスコープ

ベアリングの調査依頼に対し、社内で十分なトレーニングや経験を積んだ技術スタッフが迅速に対応し調査をおこないます。

 
●計算ソフト
計算ソフト

精密ベアリングの選定は、仕様条件に合わせた荷重計算、剛性計算、寿命計算などが必要です。当社ではベアリング選定ソフトを使用した対応が可能です。

●3D CAD
3D CAD

ベアリング選定ソフトで選定されたベアリングなどは、3DCADを駆使した各種シュミレーションがおこなえます。また、カスタマイズされた当社製作スピンドルも、スピンドル設計者が3DCADを使用し設計や各種シュミレーションをおこなった上、製作されます。

 
●トレーニングスクール
トレーニングスクールイメージ6回/年、3日間、スピンドル技術者向けにベアリング講習会を行っております。精密ベアリングをよりよく理解していただくために技術スタッフが、そのノウハウを提供します。
このトレーニングスクールは、110回開催され (2017年3月現在)、計318社 1,736名の設計技術者が受講されました。

詳細はこちらをご覧ください

厚木精機事業所●厚木精機事業所

厚木精機事業所は数多くの精密加工機械や高精度測定機器を備え、ベアリングの精密測定や精密部品加工、スピンドルの製作や修理をおこなっています。また、スピンドルのテストスタンドを使用した各種取扱商品のパフォーマンステストも技術部門と連携しておこない、社内テスト部門としての役割を担っています。

 

厚木精機事業所 詳細はこちらをご覧ください

ページ内リンクメニューへ

現在まで、数多くの新商品開発の中心的役割を果たしているのも技術部門です。各商品担当として養われた経験やサプライヤーからの情報、ユーザーの設計・技術部門との打ち合わせに伴う業界の動向・ニーズを基に、最新技術の紹介やマーケットに最適な新商品のマーケティングをおこなう努力を怠りません。海外で開催される各種展示会にもアテンドし、日本から訪問中のユーザーのサポートや新製品情報の収集も毎年おこなっています。
スピンドル関係技術者向けに開催されるトレーニングスクールをはじめ、ユーザーでの各種技術講習会や新商品説明会なども営業部門と連携して計画・実行されます。また、特機部では、新商品・新技術のホームページ掲載や各種展示会への出展、日本語カタログの製作などの関連業務も各部門との連携によりおこない、いち早く国内に最新情報を提供しています。

 

●各種展示会
展示会イメージ

毎年春・秋に開催される展示会を新製品発表の場として活用しています。 また、2年に一度開催されるJIMTOF(日本国際工作機械見本市)には工作機械関連商品や、最新技術を持つ新商品を出展し注目を集めています。

 
●ウェブサイト
ホームページイメージ

会社の業務や特色について詳しくご説明し、多種多様にわたる取扱商品情報のスムーズな検索サービスを心掛け、ユーザーフレンドリーなサイト運営をおこなっております。

●産学共同プロジェクト&リサーチ

当社の産学共同プロジェクトとして、ドイツ・アーヘン工科大学WZL部門、ダルムシュタット大学PTWとの共同研究やフラウンホーファ研究機構IPA・IPTとの交流をはじめ、砥粒加工学会、欧州精密工業会へも参加しています。また、日本の著名大学・機械工学科との共同研究開発ほか各種勉強会などを実施しております。

ページ内リンクメニューへ

管理部門

管理部門は取扱商品の即納体制確立の中心を担っています。各サプライヤーへの発注や納期管理をおこなう調達課、受発注・物流・経理をつかさどる当社独自のシステムを運営管理するシステム課、物流の要となる在庫管理センターで構成される部門です。国内営業の受注品を国内外のサプライヤーに発注し、納期管理や商品輸入を一手に手掛けています。この一連作業は自社独自のシステムを使用し、営業サイドの受注をシステム内で仕分けし、必要な数や納入時期と仕入先を決定して発注されます。

輸入された商品は温度・湿度管理をおこなうための空調設備や、最新の免震構造を備えた千葉市の在庫管理センターで仕分けされ、大切に保管されます。注文を受けた商品は大切に梱包され、即日出荷されます。

また、製品の製造ロットや製造番号なども、記録され商品ごとに管理されています。

 

●システム課

システム課は自社システムの運営全般を管理する部署で、国内外を問わず全ての商品の受発注データや営業データを管理し、経理に反映させるシステムの構築や改良をおこないスムーズな業務遂行に欠かせない役割を担っています。

 
●社員教育プロジェクト

新入社員の教育はもとより、アシスタント・内勤者・中堅社員・管理職までの一貫した社員教育を実施。

●在庫管理センター
在庫管理センターイメージ

2007年に敷地面積3,636m2、免震構造を持つ建物と湿度・温度を管理する空調設備を備える新在庫管理センターが完成しました。在庫管理センターでは、輸入された商品の管理をおこないます。日々の発送業務は当社受注システムにしたがい品揃えし、迅速かつ丁寧に梱包・発送する業務を遂行しています。

 
 
●主要仕入先
  • シェフラージャパン株式会社
  • 日本ティムケン株式会社
  • 株式会社 木村洋行
  • 日本エスケイエフ株式会社
  • 日本トレルボルグシーリングソリューションズ株式会社
  • ケナメタル ジャパン株式会社
  • グルンドフォスポンプ株式会社
  • GMN Paul Muller Industries GmbH & Co.KG
  • SycoTec GmbH & Co.KG
  • ate antriebstechnik und entwicklungs GmbH
  • SIEB & MEYER AG
  • INPRO/SEAL COMPANY
  • Ziller GmbH & Co.KG
  • OTT-JAKOB Spanntechnik GmbH
  • New Way Air Bearings
  • Parker Hannifin Corporation
  • PEJO AB

他多数

ページ内リンクメニューへ

環境への取り組み ISO14001

環境マネジメントシステムを構築。全社で環境活動を行っております。

 

詳細はこちらをご覧ください