用途

  • ポリウレタンベルト(丸ベルト)の高速溶着・接着

特長

  • 高速振動による摩擦熱で瞬時に溶着
  • 熱源がないため火傷や発火の心配がなく安全
  • 気泡が入らず完全な溶着が可能
  • コードレス・充電式バッテリー型

製品概要

通常、ウレタンベルトの接着に使用される溶着器具は、接着用のコテを使います。これは溶着する温度まで熱したコテを使って、ウレタンベルト(丸ベルト)の両端を溶かし、断面がずれないように溶着する方法です。
対して、BEHAの摩擦溶着機は、高速振動による摩擦熱で接着面を溶かして溶着します。従来のコテの熱で溶かす方式よりも高速で、強固にくっつけることが可能になります。

ウレタンベルト(丸ベルト)溶着の流れ

①ウレタンベルトの片側をセットします。

①ウレタンベルトの片側をセットします。

②溶着するもう一方をセットします。

②溶着するもう一方をセットします。
③スイッチをONにすると片側が振動します。

③スイッチをONにすると片側が振動します。

④摩擦熱で溶けて結合されました。

④摩擦熱で溶けて結合されました。
⑤余分な溶着はみだし部をニッパーで除去します。

⑤余分な溶着はみだし部をニッパーで除去します。

⑥しっかり固定されたことが確認出来ます。

⑥しっかり固定されたことが確認出来ます。

基本スペック

  • 駆動モータ 120V/AC、スピード・コントロール及びON/OFFスイッチ付
  • 摩擦溶着させる高速振動メカニズム
  • クランプ・デバイス、センタリング・レバー及びリリース・ボタン付
  • プロファイル毎に交換可能なクランプ・ジョー
     丸プロファイル用クランプ・ジョー(Φ5-20mm)
     V-プロファイル用クランプ・ジョー(6x4-22x14mm)
  • 圧力強度調整ボタン
  1. 駆動モータ
  2. スピード・コントローラ
  3. オン/オフボタン
  4. 振動メカニズム
  5. クランプ・デバイス
  6. センタリング・レバー
  7. リリース・ボタン
  8. 圧力強度調整ボタン
  9. クランプ・ジョー

べーハ社では下記ウレタンベルトも製造しております。

丸ベルト(中空)φ4.8-15mm
丸ベルト    φ 2ー18mm
V-ベルト    6×4-22×4mm

製品プロモーションビデオ

BEHA社の紹介動画です。摩擦溶着器の取扱説明も行っています。

この商品に
関するお問い合わせ

用途や機能などの諸条件に適した商品をご提案することも可能です。お気軽にお問い合わせください。
お近くの営業所でもうけたまわっております。

福田交易株式会社 本社営業部

03-5565-6811