用途

  • 工作機械主軸状態モニタリング

特長

  • XYZ3軸方向の振動加速度、1軸方向の振動速度および温度を常時モニタリング
  • センサー本体のメモリーにタイムスタンプ付きアラーム履歴を最大2000件まで保存
  • 衝突を検知すると前後5秒間の振動加速度波形を記録

革新的なソリューション

  • ハイブリッドIC技術により実現した、3軸加速度センサー
  • 圧電素子と温度センサーの内蔵により実現した、ワイドバンド域の信号解析や温度解析
  • センサー本体へのメモリー実装により実現したデータロギング
    (衝突、アンバランス、過負荷、作業サイクルの異常、工具の摩耗・欠損など、ベアリング挙動の解析に有効なデータが記録されます。)
  • マルチプラットフォームソフトウェア

    B-Safeシステムを使用すると、SAM(スマートアセットモニタリング)ソフトウェアとの統合により、製造ラインの遠隔監視を実現できます。

    常時接続に対応したマルチプラットフォームソフトウェアにより、稼働中のマシンから多くの情報が取得可能です。

    ダッシュボード

    ダッシュボード

    B-Safe HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)は、すべての有用な情報を一目で理解できるように、シンプルさと直感性をコンセプトに開発されました。

    このシステムでは、より多くのセンサーとの統合が可能になり、マシン全体の監視も可能です。

    イベントログ

    イベントログ

    イベントログ機能の利点は、アラーム、警告、チェックアップ、ダウンタイム、すべてのアクティビティ記録をインフォグラフィックで視覚的に確認できることです。

    スピンドル衝突検知の場合、システムはイベント前後の振動波形を詳細に記録するので、後から原因調査が可能です。

    リアルタイムデータ

    リアルタイムデータ

    3つの計測データをリアルタイムで同時にグラフ表示させることで、スピンドルの運転状態を瞬時に確認することができます。

    B-Safeシステムは、完全自立型でデータを管理するため、リアルタイムで(または後から)あらゆる時点の正確な情報をエクスポートすることが可能です。

    トレンド

    トレンド

    マシンコンディションの傾向を把握し、生産性統計を作成し、すべての情報を共有することは、今日のプロセス改善において非常に重要です。

    スピンドルの客観的なデータが収集されているため、機械のダウンタイムを短縮し、生産と保守計画を最適化することに役立ちます。

    セッティング

    セッティング

    B-Safeシステムは、ユーザーフレンドリーな操作により各種パラメータを設定することができます。

    HMIには、異なるレベルの権限(たとえば、オペレータ、製造エンジニア、プラントマネージャなど)を与える三段階のログインレベルがあり、HMIとセンサーの両方共、お使いのマシンの仕様と機能に応じて設定変更できます。

    仕様

    サイズ Φ12mm x L32mm(ケーブル直出式)
    Φ12mm x L41mm ( コネクタ式 ) 
    MEMSセンサー ±16g 500Hz
    ピエゾセンサー ±50g 10kHz
    動作温度 -40℃ ~ 85℃
    耐衝撃性能 10,000g
    通信 ModBus TCP または RTU on RS485

    この商品に
    関するお問い合わせ

    用途や機能などの諸条件に適した商品をご提案することも可能です。お気軽にお問い合わせください。
    お近くの営業所でもうけたまわっております。

    福田交易株式会社 本社営業部

    03-5565-6811