概要

PWM制御とはインバーター(周波数変換器)の変調方式の一つです。PWM制御の他にPAM(Pulse Amplitude Modulation)制御があります。

インバーターは交流電源電圧を入力し、内部で直流電圧を生成、トランジスタのスイッチングによって電圧を出力します。PWM制御はトランジスタ回路で出力させるパルス波のデューティー比(ONとOFFの時間の比)を変化さる変調方式です。

ONの時間が短く、OFFの時間が長いと、その平均電圧は低くなります。ONの時間とOFFの時間が同じであれば平均電圧は1/2、ONの時間が長ければ、その平均電圧は高くなります。このことを利用して平均電圧を正弦波になるようにデューティー比を調整する制御方式がPWM制御です。PWM制御によって出力電圧と出力周波数を制御します。

用途

スピンドルモーター駆動などに用いられます。

お問い合わせ

何でもお気軽にお問い合わせください。
お近くの営業所でもうけたまわっております。

福田交易株式会社 本社営業部

03-5565-6811