用途

  • 既存機械搭載スピンドルの高速回転化
  • 仕上げ加工(切削、穴あけ、彫刻、面取り等)

特長

  • センタースルースピンドルの先端にツールホルダーのように取付けて使用
  • 使用回転数域:35,000min-1~55,000min-1 または 25,000min-1~50,000min-1
  • クーラント圧力:2 MPa~ 4 MPa または 4 MPa~ 7 MPa
  • 各種ツールインターフェースに対応可能
  • 回転数をリアルタイムでモニタリング
  • 専用タブレットへBluetoothで通信

クーラント駆動スピンドルのコンセプト

コリブリジェットはセンタースルークーラント機能を備えた機械から圧力2〜4MPaのクーラントを供給することで内部のタービンを最高55,000min-1まで高速回転させます。新たな機械を導入することなく生産効率を向上できます。

クーラント駆動スピンドルのコンセプト
クーラント駆動スピンドルのコンセプト

コリブリジェットは各種ツールインターフェースに対応が可能で、ツールホルダーと同じようにATCで使用できます。

クーラント駆動スピンドルのコンセプト

《主なツールインターフェース》

  • BT30、BT40
  • HSK-A63
  • CAT40
  • ストレートシャンク

SMARTHUB(スマートハブ)システム

コリブリジェットを既存の機械に搭載しただけでは回転状況が分かりません。
コリブリジェットの稼働状況をモニタリングするため、専用通信装置SMARTHUBシステムを構築しました。
スピンドルに内蔵されたスピードセンサーからリアルタイムで回転数の情報をSMARTHUBへ送信します。SMARTHUBからは専用ケーブルで機械側PLC間でI/O通信でエラー信号の通信を行います。
さらに、SMARTHUBと専用ミニタブレット間ではBluetoothによる通信でエラー信号の設定や実回転数のモニタリングをおこなうことができます。

SMARTHUB(スマートハブ)システム
※設置の際、お客様にてNC側のI/Oを設定していただく必要があります。

SMARTHUB

  • コンパクトサイズ
  • 保護等級IP67で加工環境内へ設置可能
  • 電源:24V DC
SMARTHUB
専用の通信装置SMARTHUBで回転数等をモニタリング

専用タブレット

専用タブレット
  • SMARTHUBとBluetoothで通信
  • 実回転数、スピードセンサーのバッテリー残量等を表示
  • SMARTHUBから出力されるエラー信号を設定

コリブリジェットと既存スピンドルの比較

この商品に
関するお問い合わせ

用途や機能などの諸条件に適した商品をご提案することも可能です。お気軽にお問い合わせください。
お近くの営業所でもうけたまわっております。

福田交易株式会社 本社営業部

03-5565-6811